Menu

住宅を建てる2つの方法

女性

住宅を建てる意外な基準

低金利と消費税増税前の駆け込み需要ということから新築一戸建ての取得がブームである。物件選びで情報を収集している方も多いと思うが、意外に知られていない盲点がある。それが工法の違いである。2×4工法と言われているものと、軸組工法というものがある。2×4工法の方が値段が高いというイメージがあるようだが、実際はどちらもほぼ値段は同じである。軸組工法は在来工法ともいわれ、軸を斜縦横に配置するほかに斜めの軸を入れて組み上げていく工法である。軸組工法は日本の新築一戸建てでは昔からある方法であり、取り扱える住宅メーカーが多いという利点がある。また日本の風土に合った工法ともいわれており、木造がメインで職人の技術が発達している。またリフォームがしやすく、吹き抜けが作りやすいという長所がある。しかし、この工法はなぜか税法上の耐用年数は2×4工法より長いが、実際の耐用年数は短いという欠点がある。しかも職人の技術によるところがあり、よい職人を得ないとよい新築一戸建てを取得することができない。一方で2×4工法というのは主にアメリカから入ってきた工法である。面で組む工法と言われ、斜めに軸を入れない代わりに、ひたすら面を組み合わせて作っていく。この工法は耐久性に優れ、基本的にはアメリカのハリケーンに対する設計が元になっている。また横からの衝撃に強いため、台風や地震の耐久性は軸組工法より強い。長年住み続ける目的で新築一戸建てを購入するのであれば、取り扱える住宅メーカーが少なくても2×4工法のメーカーを当たってみるのも方法であろう。

Copyright© 2018 家族みんな笑顔で暮らせる家が新築一戸建て【シニア層にも最適】 All Rights Reserved.